CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

10月11日白鳥庭園にて開催しました、COP10オープニング市民イベント「生きものたちの集い」は大成功!!

みなさまのおかげさまで、素晴らしい一日となりました。

夜の部になりましたら、

暗くなりました芝生広場が月明かりに照らされて、

舞台は池&森をバックに、幻想的なステージとなりました。

辻信一さんとアンニャ・ライトさんの歌を交えながらの「デープ・エコロジー」なトークに

芝生の上の参加者みーんなが、うっとり、心地よく、癒されながらの

トーク&ライブとなりました。

お天気に恵まれ、風もなく、静かな、夜でした。

手入れの行き届いた自然のお庭で、心も身体も素直になっていました。

今日日本に来れなかった、セヴァンからのメッセージと

来年公開される映画「セヴァン」の、なんと公開前の冒頭数分を上映しました。

芝生の上で見る映画もまた最高でした。

もちろんセヴァンの出演するドキュメンタリー映画の映像も心地よく、良い感じでの宣伝となりました。

今日まで一緒に企画・運営をしてきました白鳥庭園の川島所長&みなさま、ナマケモノ倶楽部なごやのヴィッキーさん、ユーミンさん、松前くん・・・・、みんなでがんばりました。

ありがとうございました。

そして今日お集まりくださいましたお客様みなさまにも感謝です。

そして、ご出演くださいました辻さん、アンニャさん、

プライナスの川名くん、まみちゃん、サブニュマ名古屋のみなさま

感謝です。ありがとうございました。

また、やりましょう!

Date:2010.10.12 | 02:27 | Comments (0)
 NEC_0129.jpg NEC_0130.jpg

お茶会にも大人気です。

綾小路先生の素敵な企画で5種類のお茶会が同時に進行しました。

イベントの芝生ひろばから、少し抜け出してこっそり、やってきました。

落ち着く「清羽亭」のお茶室で心を落ち着けることができました。

私の参加しましたお茶会は、鏡手前。左右対象に鏡に映ったように二人で所作をするとうお手前です。息が良く合ってて、美しいものでした。

「自分を殺して、相手の動きを尊重し、相手への思いやりの優しい気持ちで、

相手に合わせて、己を捨てれた時に、自分のことも見えてくる。」

そんな深い哲学がありました。

床の間の掛け軸には、「忘両」の字が。

意味は、「人は常に左右対称を意識している、そのことにがんばっている。けれどもそんな左右対称でなければならないという約束事を、忘れてしまえば、もっと自由に開放されて、楽になる」とのこと。

鏡手前の掛け軸が「忘両」とは、なんと気の利いた、セレクトに、日本の「粋」を感じました。

Date:2010.10.12 | 02:03 | Comments (0)
NEC_0127.jpg 

イイ感じ。みんな集ってきました!

Date:2010.10.12 | 02:00 | Comments (0)
pagetop