CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

Loopウガンダアクセ1Loopウガンダアクセ2ナディアパーク4階のLoopの「エシカル・ペネロープ」に
ウガンダからのエシカル・ファッションの新作アクセサリーが入荷しました!
ウガンダの貧困な村の女性達が、紙をリサイクルして手作りしているフェアトレードのアクセサリー「ビードフォーライフ」です。
カラフルで元気な色合いが小粋で楽しい紙のビーズでできているネックレスやブレスレットやピアスです。
このアクセサリーのデザインはフランス人が支援おこない、ウガンダで生産し、ウガンダにお仕事を創出しています。
ぜひお越しください。
そんな新作のならぶLoopの「エシカル・ペネロープ」では、
明日、23日の夜に、メイド・イン・ジャパンとJICA中部とで、イベントを行います。
Loop店頭にあります織物「ラオスの一村一品」商品の背景など、ラオス渡航の際の写真など見ていただきながら、
フェアトレード・国際協力の今後についてなど、お話しさせていただきますよ~!!ぜひぜひ、お越しください!!
以下ご覧ください。↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3月23日(金)18:00~20:30
「ラオス報告会」JICA一村一品プロジェクトを視察して
日本の技術で国際協力!~プロがプロとして途上国にできること~
 
会場・国際デザインセンター・クリエイターズショップ「Loop」
(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク・デザインセンター4階)
 
トーク・ゲスト
鶴田浩(NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト理事)
原田さとみ(JICA中部オフィシャル・サポーター)
守野雄揮 (JICAラオス南部一村一品プロジェクト)
川俣大和(国際協力機構 中部国際センター(JICA中部))
北村圭介(NPOメイド・イン・ジャパン理事長)
現在ラオスでは国際協力機構JICAがサポートし、
ラオス南部地区の村周辺で取れる素材で、村に伝わる伝統の技術・工芸を活かして、
村人たちが産品を作り、販売し、生活向上を目指す「一村一品プロジェクト」が行われています。

 

もし、それらの品々を世界へフェアトレードで流通させることができたら、
彼らは貧困から抜け出すことができ、彼らの自然をも守ることにつながります。
そのためには、質やデザインの向上が大きな支援となります。
そこで、愛知で「ものづくり」に携わる若手クリエイターの宝庫である
メイド・イン・愛知・プロジェクトとの化学反応を期待して、
彼らの持つ技術力・デザイン力で「プロがプロとしてできる国際協力」とは何かを
考えてみようと思います。
 
集合場所である、ナディアパーク4階のクリエイターズショップ「Loop」で
まずは、
そんなラオス「一村一品プロジェクト」で生み出された商品を扱う
原田さとみ代表のフェアトレード&エシカル・ファッションのショップ「エシカル・ペネロープ」(Loop内)にて、
フェアトレードとしてラオスからやってきたラオス商品をご覧いただきながら、
その背景や生産過程を原田さとみが説明します。
 
セミナールームへ移動して
第1部では、メイドインの鶴田副理事と原田さとみとJICA中部の川俣氏と、
そしてラオス一村一品プロジェクトの守野氏とで、
JICA視察に訪れたラオスの写真を見ていただきながら、ラオスでの現状をお伝えし、

第2部では、メイドイン愛知の北村理事を交えて、
ラオスの商品をもっとよくするために、日本の愛知の「ものづくり」メンバーの協力で、
何ができるのかを考えます。
主催・NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト メイド・イン・愛知
協力・JICA中部/クリエイターズショップLoop
参加・無料 (定員制限なしですので、どしどしお越しください)
お申込み・メイドインジャパン事務局まで。tomida@mijp.jp
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Date:2012.03.22 | 09:27 | Comments (0)
pagetop