CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

140213_105825 140213_111102

今日は、うちのお店「エシカル・ペネロープ」にインターンシップに来てくれている大学生のりく・いく・ももが大学でインターンの成果を発表するプレゼンテーションの日でもありました。審査員の共感が最も高かったチームが優勝となります。りくは、紙クリップを。いくは、オーガニック・ミニタオルを。ももは有松絞りのアクセサリーを。それぞれがフェアトレードで名古屋テレビ塔・グッズを商品化まで携わりました。その成果物をもって、プレゼンしています。どうだったかな…みごと優勝できたかな?きっとそろそろいい報告が届く頃かな。

Date:2014.02.15 | 19:37 | Comments (0)
140215_113117 140215_113242.jpg

設楽町の雪景色、きれいでした。セミナーを終えて、山を降り、電車に乗りました。帰ります。明日は、名古屋テレビ塔1階のお店「エシカル・ペネロープ」に10時からおります!

Date:2014.02.15 | 18:41 | Comments (0)
140215_104530

愛知県北設楽群設楽町にやって来ました。雪景色が素晴らしい!この町にダム建設の構想が始まって40年以上。今日は、この設楽町の高台にあります奥三河総合センターにて、午後1時から、設楽ダム建設を考えるセミナーを開催します。午前中に予定されていましたダム建設予定地の見学は雪のため中止となり、総合センターで説明会を開催中です。

Date:2014.02.15 | 11:12 | Comments (0)
140215_101300

豊川を川沿いに上がって、設楽ダム建設予定地へ向かっています。大雪から一夜明けて、今日は晴れそうです。お近くの皆さま午後から設楽にて開催のとよがわ流域県民セミナーへ、お越しくださいませ!!

Date:2014.02.15 | 10:34 | Comments (0)
140214_205820 140214_203148.jpg

そして、セヴァンが12才の時にリオデジャネイロの地球サミットで大人たちに訴えたあの伝説のメッセージを活かした、命の授業をしてきた、豊田市立藤岡南中学校の皆さん!大雪の中、セヴァン名古屋講演会まで来てくださり、素晴らしい大合唱を披露してくださり、会場はまたまた感動でした!先生方も素晴らしい!

Date:2014.02.15 | 08:45 | Comments (0)
140214_202027 140214_202111.jpg 140214_203142.jpg

昨夜のセヴァン名古屋講演会は最高でした。会場とステージがひとつになってました!そして、ハプニングが感動をさそいました。500以上もの応援の中、選考とオーディションで選ばれた、子どもからのメッセージ。三人の中学生の方に決定し、発表することとなっていました。リハーサルを終えた頃、一番目に発表する男の子の原稿がなくなってしまいました。開演前に会場の皆さんにも探していただくなんて一幕もあり、迎えた本番。男の子の手には新しい原稿が。原稿がなくなったことでへこんだりひねたりすることなく、男の子は、もう一度作文を書き直して堂々と本番に挑みました。そのメッセージはさらにたくましく素晴らしい発表でした。あきらめることなく前に向かったこの男を含め、素晴らしいメッセージをセヴァンに、そして、未來に宣言してくれた、希望あふれる子どもたちに、会場は大感動でした。

Date:2014.02.15 | 08:16 | Comments (0)

第9回テーマ:「設楽ダム 〜ダムサイトの技術と安全性〜」

設楽(したら)ダムは、愛知県の東三河地方を流れる豊川(とよがわ)の河口から約70km上流に建設が計画されているダムです。設楽ダムは、多目的ダムとして、豊川の洪水氾濫、渇水被害から人々を守り、東三河地域の発展に貢献するとされ、昭和46年に予備調査着手。それから42年・・・ダム本体の建設は始まっていません。設楽ダム計画が人々の命を守り、地域の未来に貢献するものであるのかどうか、今一度、県民みんなで学び考え、川とともに歩む未来を創っていきたいと思います。

講演1:「設楽ダムの調査,設計と施工について」
栗木信之氏(国土交通省中部地方整備局 設楽ダム工事事務所 副所長)

講演2: 「設楽ダムサイトの地質について」
紺谷吉弘氏(立命館高校非常勤講師)

計画されている設楽ダムは、堤高 約129m、堤頂長 約380m、湛水面積 約3km2の重力式コンクリートダムです。流れている川に建設される大規模な構造物であるダムは、建設サイトの調査や設計、施工によって、必要な安全性を考慮した計画とされています。一方で、地盤を中心にダムサイトの安全性を問う主張もあります。今回は、設楽ダム建設事業の流れ、調査、設計・施工方法について学び、地盤を中心としたダムサイトの技術と安全性について考えます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
スケジュール
13:00~13:10 趣旨説明(戸田敏行チーム委員リーダー)
13:10~13:50 講演1 栗木信之氏
「設楽ダムの調査,設計と施工について」
13:50~14:30 講演2 紺谷吉弘氏
「設楽ダムサイトの地質について」
14:30~15:00 質問票記入
15:00~16:30 質疑応答、ディスカッション
コメンテーター:河邑 眞氏 豊橋技術科学大学教授
コーディネーター:冨永晃宏委員、戸田敏行委員
司会:原田さとみ委員

〇サイドイベント
1、設楽ダムサイトの視察
(10時30:奥三河総合センター集合:移動しダムサイトを見学/申込不要/昼食が各自でご持参お願いします。)

2、設楽の産品販売:12時〜15時 奥三河総合センター内にて開催

参加費:無料

主催:愛知県 地域振興部 土地水資源課 水源地域対策グループ

 

Date:2014.02.15 | 03:24 | Comments (0)
pagetop