CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

さてみなさま、お待たせいたしました。

ついに円頓寺のお店「galerie  P+EN]が、

来週3月6日(土)12時にオープンいたします!!!

http://www.pp-en.com/top.html(詳しくはこちらをご覧ください)

栄ミナミで10年間続けてまいりましたセレクトショップ

「ペネロープ・パリ・ペティヨン」を昨年7月31日に閉め、それから7ヶ月・・・。

そこで展開してました「ペネロープ・プリュス」という私たちのオリジナルブランドの

お店が、新しくギャルリーショップとなって、誕生いたします。

場所は、円頓寺商店街の中。レトロな商店街にモダンなセレクトで登場でします。

円頓寺の魅力がアップすることと予測されます。いいミックスになってます!

お店をオープンさせたのは、「ペネロープ・プリュス」の

デザイナーの永井千里氏と渡辺レイコ氏です。私の大切なファミリーです。

いつも私は彼女たちの作る「ペネロープ・プリュス」のお洋服で、ステージに出たり

しています。もちろん普段着もほとんどが、彼女たちの作る服です。

とにかく素晴らしい才能の二人です。

粋でチャーミングで、ユーモアがあって、エッジーな服を作っています。

アトリエはまるで実験室。腕を3つつけたり、裏返し着たり・・・斜めに着たり・・・

お洋服の可能性を追求してて、愉快でかっこいいお洋服をクリエイトしています。

そしてこれまでの「プリュス」の服は、時が経った今でも全部大好きで、

流行で飽きてしまう服とは違って、いつまでも着ることがうれしく楽しくなるお洋服です。

なので、私は幸せなことに、いつもみなさんに「素敵なお洋服ですね!」と褒められ、

幸せになっております。

そして、そんな「ペネロープ・プリュス」がお店を始めるのですから、

身内である私自身も興奮気味です。二人のお店の誕生がうれしくて・・・・。

これまでの10年間は、私のお店「ペネロープ・パリ・ペティヨン」を二人は支えてくれて

いっしょにがんばってきました。私は経営者として、デザイナーの二人に無理なこと

いっぱいお願いして・・・、つらい思いもいっぱいさせてしまったと思います。

今度はその恩をお返ししたくって・・・。

これからこんな私に何が出来るかわかりませんが、お手伝いしてゆきます。

来週はオープンの準備。

そして6日のオープンの日の夜には、

7時からお祝い会のお手伝いをしてますので、ぜひみなさんお越しください!

詳しくはこちらで→ http://www.pp-en.com/

「galerie  P+EN」・・・「ギャルリーペン」・・・どうぞよろしくです。

Date:2010.02.27 | 00:44 | Comments (0)
pagetop