CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

明日は第4土曜日、JICA中部なごや地球ひろば1階 カフェ・クロスロードに来てくださ~い!

http://satomiharada.com/?page_id=32

世界と出会う絵本ひろば「ルププ」の日です。午後2時からスタート!

明日は、アフリカ、エチオピア&ルワンダのお話しをたっぷりできたらって思って

アフリカの絵本をたくさん用意しました。

そして、こちらはルワンダで買いました太鼓です。明日これをルププへ持っていきます。

みんなでセッションしましょう~!!

IMG_0001_16

なかなか素敵なの~。うちの主人と息子へのお土産に、

そして息子の近所のお友達へのお土産もこの太鼓にしました。

こんなにいっぱいに買っちゃったのですが、スーツケースに入らないから、

手持ちで、ずーっと肩にかけてはるばる運んできました。

このバッグもすごいの、ケニアの空港でトランジットしてる時に見つけて、

太鼓入れにぴったり~って、買いました。こんなに大きいバッグ見たことないでしょ!

たくさん太鼓が入ります。10歳の息子も入っちゃいそうです。

では、みなさん明日JICA中部でお会いしましょう!

Date:2010.08.27 | 22:13 | Comments (2)

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 631

アフリカ渡航のため、2週もお休みしてしまっていました

テレビ愛知「3時のつボッ!」金曜日レギュラー。

お休み明けの今日は、番組の中で写真も使って、

私のアフリカでのお話をさせていただきました。

こんな内容でお話しました。

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 263私がサポーターを務めます「独立行政法人 国際協力機構 JICA中部」から、
アフリカのエチオピアとルワンダへメディア視察の旅へ10日間行ってまいりました。

 

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 202途上国の現状や、現地で頑張っているJICAの青年海外協力隊員・シニアボランティアさんの活動や声などを、しっかりと視察してまいりました。

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 4041、エチオピアには森がない。

この写真一見、緑豊かで、牧歌的、自然に恵まれているように見えますが・・・実は違うのです!

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 463エチオピアの森林は、国土の3%にまで減ってしまい危機的状況。移民など流入してきて人口が増え、人が木を切り森林を畑に変えてしまい、
土地をはげさせてしまっている。今も森林が急激な勢いで減っているのです。

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 356そこで、JICAの研究員が残された森林、ベレテ・ゲラ地区に入り、農民達の出来る方法で、森林保護のお手伝いをしているのです。

 

 

 

 

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 150森を守る方法として、エチオピアが発祥であるコ-ヒー豆の栽培を森の中の自然を生かして、シェイドグロウ(日陰栽培)で生産し、フェアトレードコーヒーとして輸出できるまでにしています。その名を「ワブブコーヒー」。

 

 

 

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 145プランテーションのような単一栽培でなく、コーヒー豆が自生しおいしく育つ、自然の環境で、農薬や科学肥料を使わずに、様々な植物が連鎖しあう偉大なる大自然の森の中ので栽培しています。まさに生物多様性!!
 

 

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 292

実ったコーヒー豆は、きまめの状態で輸出するだけでなく、

地元の女性達が焙煎し、オリジナル・コーヒー豆の生産にも挑戦しています。

仕事のない女性達に働く機会を生み出して、地域で誇れるコーヒー豆の生産に取り組んでいます。

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 314

エチオピアでは、コーヒーをいただく時は、豆からいって、目の前で潰して粉にして、正真正銘の炒り立てのコーヒーをいただいているようです。コーヒーセレモニー!

毎日の生活でこん癒されるステキな習慣が残ってて、いいですね。贅沢な心豊かな暮らしですね。

この日は、JICAオフィスの秘書さんが、お洒落して、華やかなセッティングをほどこして、私達お客を温かいコーヒーセレモニーで迎えてくれました。

客人に対してのこうした振る舞いに、心打たれます!

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 5972、美しい街ルワンダ
ルワンダという国のイメージは、16年前のツチ族とフツ族の民族紛争でのジェノサイト(大虐殺)の生々しい記憶がありましたが、
行ってみて驚きでした。

あの悲劇から国民が一丸となって這い上がり、モラルある思いやりのある美しく平和な暮らしを築いていました。

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 583まず空港に着いたら、ビニール袋は没収です。この国では、ビニール袋は一切使いませんし、持ち込みません。
そして毎月1回、国民みんなで街のごみ拾いをします。街はほんとにごみ一つなく、きれいです。
国民達の国に対する誇りが高く、みんなで、助け合い、みんなで良い国づくりに励んでいます。
 
2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 0263、フェアトレードの品々との出会い

 

 

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 054今回のミッションの1つには、私の本業であるフェアトレード商品の発掘、という目的もありました。現地の人々に寄り添いながら、地道に温かな活動をしている隊員さんたちがサポートして出来上がった製品をいろいろと購入してきました。

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 053公正な貿易で私達が、買うことで、彼らにお仕事が生まれ、自分でお金を稼いで生活が出来るようになります。私達がフェアトレードの商品を選んで購入することで、貧困が少しずつでも減らせることを願って私も活動しています。

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 050そのためには少しでもよく売れるように「改善」する必要があります。そんなちょっとした私達のサポートで、彼らは大きく変わるのです。
 

 

 

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 0274、子ども達の笑顔は最高
私たちは、先進国からの支援者としてアフリカへ行ったのですが、どう見ても、私たちが、アフリカから学ぶことの方が多いことに気付かされます。
アフリカは豊かです。それは、子ども達の笑顔をみていると感じます。服はぼろぼろで、靴も履いてなくって、泥だらけで、お腹もすいているのでしょうが、みーんな元気に走り回って、くったくなく笑って、みんな仲良しで、助け合ってて・・・、
それに比べたら日本の子ども達は、なんでもモノが揃ってて、毎日きれいな服に着替えてすけれど、ほんとに幸せなのかな?って考えちゃいました。自由のない日本の子どもたちのことを想うと・・泣けてきました。だってものはないけれど、心から楽しそうな笑顔をしているアフリカの子どもたちを見ていたら、断然向こうの子ども達の方が、生き生きしてて素敵なのです。
2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 457もちろん、アフリカの子達は、食べ物も水も十分になく、貧困です。それにはしっかりと私達に出来る支援をしてゆかなければなりませんが、
私は、日本の子ども達こそ救ってあげなければならない最悪の状況に向かっていることをアフリカで感じました。日本に帰ってすべき事の方があるなって、強く感じて帰ってきました。

2010・8・13~アフリカ、エチオピア&ルワンダの旅(前納撮影) 258

Date:2010.08.27 | 20:47 | Comments (0)
NEC_0030.jpg NEC_0034.jpgNEC_0031.jpg NEC_0035.jpg

9月23日(木・祝)

1回目のステージは、13時~

2回目のステージは、15時~

豊川市でフェアトレード&エシカル・ファッションショーをプロデュースしてます!

昨日はその打ち合わせで、主催の豊川市JCI「穂の国青年会議所」のみまさまにお会いして、お食事会して、

このイベントでもご協力いただきます豊川のフェアトレードショップ「ソーイング芽依」さんにもお邪魔してきました。

素敵なお店です。お母様が、お洋服作りを

息子さんのお嫁さんがお菓子作り・お料理を

店内には、ピープルツリーのお洋服も並び・・。

そして、素敵なお店兼お住まいの建築設計は、

JCメンバーで、今回の仕掛け人・井上さんが手がけています。

豊川、すてきです!!

23日のフェアトレードファッションショー&私のトーク。今から楽しみです。

頑張りますね。

ぜひみなさんも豊川市までお越しくださいね。

9月23日のイベントのタイトルは

「夢に出会う瞬間 TOYOKAWA Dream Collection」

会場は、プリオⅡ4F豊川市民プラザ

12時~17時30分 入場無料

私のトークショー&フェアトレード&エシカル・ファッションショー

だけでなく、

ファッション専門学校「NSC」のコレクションや

キッズ&ティーンモデルコレクションや

豊川出身のミュージシャン「聖satoshi」のライブ

など、盛りだくさんです。

イベントのスタートは1時からと3時からの2回です!

豊川方面のみなさ~ん!ぜひぜひ遊びに来てねっ!

Date:2010.08.26 | 17:40 | Comments (1)

IMG_0012

エチオピアの首都アジスアベバから、車で走ること8時間。

ベレテ・ゲラ森林地区へ。

エチオピアという国は人々が増えてしまい、生きていくために畑が必要で、

IMG_0016皆が森林を伐採し田畑にしてしまったため現在は森林が国土の3%という恐ろしい危機状況となっています。

IMG_0004その残された森林を守り、上手く使って、貴重な森林を守り、さらには広げる方法として、森林でのフェアトレードコーヒー豆の生産と

さらには、いろんな作物を育てられるように、農民学校を作り、農民自らが勉強するという取り組みを育んでいます。

IMG_0002_1JICAから、技術協力プロジェクトとして専門の研究者・西村教授が、この森に入り、住人達との根気のいる地道な活動を3年以上にわたって行っていらして、その成果が現れている段階となり、私達はベレテ・ゲラ森林での西村先生の活動を見学させていただきました。大変興味深いものでした。

 

IMG_0015IMG_0013栽培したきまめをさらに、地元の女性たちが焙煎し、手焙煎の手作りコーヒー豆のフェアトレード商品として、日本への輸出もしていました。

これまでお仕事の機会に恵まれることのなかった女性達に労働が生まれ、女性の力で家庭から環境が変わり始めていることも素晴らしいことです。

IMG_0008

そして、森でコーヒーを生産するだけでなく、西村先生達、JICAでは、農民学校というものを作って、住人達に農作物のことを学びあう場を設けています。

 

IMG_0007住人の中から普及員を育てて、自分たちの森を自分たちの出来ることで、

誇りを持って、守って行き、持続可能な暮らしを自分たちの手で実現できるよう丁寧なサポートをしていました。

IMG_0009住人たちに新しいことをおしつけるのでなく、これまで通りのかれらの伝統的なやり方を尊重して、彼らの中から若いリーダーを育てています。

ベレテ・ゲラ15万ヘクタールの中にある大小44の村、125のグループのほぼ

全部にこのプロジェクトによって農民ファシリテーターが育ち、種類豊かな作物が育てられ、コーヒー豆のオーガニック栽培に成功し、森を守りながら暮らしを豊かにできることを

伝えることに成功しています。

IMG_0010IMG_0005IMG_0001_1エチオピアはコーヒーの発祥の国。

おいしいコーヒーは、コーヒーセレモニーという形で、目の前で、きまめのコーヒー豆を炒るところから初めて、香ばしく黒くなった豆をすり鉢で潰し、

その粉にお湯を注いで、

上澄みを上手にコーヒーカップについで、いただきます。

もーむちゃくちゃ、美味しい入れたてのコーヒーです。

エチオピアでは、どの家庭でもみんなこうやってコーヒーでもてなしているのだそうです。スローライフですね~。良い香りの乳香をたいて、床には緑の葉っぱを敷き詰めて、素敵なのです。

他にも飲み物は、写真の上、コーヒーと紅茶を上手く混ぜた「スプリス」も最高。

写真下、コーヒーにミルクをそそいだ「マキアート」も最高でした!

まだまだこれはエチオピア2日目です。

旅のお話はまだまだ続きます。

Date:2010.08.25 | 04:02 | Comments (0)

10日間のアフリカ渡航から、帰国いたしました。

盛りだくさんの貴重な体験をさせていただきました。

今はまだ頭の中がいっぱいで,混乱しています。

素晴らしすぎて・・・どこからなにからお話すればいいのか・・・、

とにかく一言”アフリカからは学ぶことがたくさん”でした。

”尊敬すべきアフリア”に出会いました。

感動・感激、心が揺さぶられました。

こんな貴重で素晴らしい視察の旅を計画し、実行させてくださいました

国際協力機構JICA中部のみなさんに

そして、現地で素晴らしいサポート・アテンドをしてくださいました

JICAエチオピア事務所のみなさま、JICAルワンダ支所のみなさま

ほんとにほんとにありがとうございました。

大好きな人がまた増えました。うれしくてたまりません。

この10日間、私は多く大事なことを心と体に深く刻みました。

これから私が何をすべきか、これからの地球のために未来のために向かうべき

方向がはっきりと見えてきました。

素晴らしい体験に、涙があふれます。

この感謝の気持ちでこれから私に出来る事、始めます。

異国の地で、悩みながらも奮闘しているJICA職員スタッフのみなさん、

JICA青年海外協力隊員のみなさん、シニア・ボランティア隊員のみなさん、

ほんとにほんとに頭が下がります。

名古屋からエールを送り続けます。

みなさまのご健闘をお祈りします。

そして、アフリアの貧困がなくなりますこと、強く願って、現場をお任せいたします。

こちらの広報は、私達にお任せください。

私達は私達にできる活動で、一生懸命に頑張ります。

世界中のみーんなのきらきら光る”笑顔”のために!

IMG_0003

IMG_0002

IMG_0001

Date:2010.08.24 | 02:46 | Comments (0)
NEC_0023.jpg

今日は、ルワンダの首都キガリから西へ車で3時間。千の丘越え、湖の畔の町キブラへ来ています。ここは、村の市場。フェアトレードの布を買います。

Date:2010.08.23 | 12:46 | Comments (0)
NEC_0018.jpg

今日からルワンダです。エチオピアから移動して来ました。ルワンダは素敵な国!ゴミゼロです。空港でもビニールは没収です。だから街はとってもきれい!最高です!

Date:2010.08.23 | 12:46 | Comments (0)
NEC_0016.jpg

エチオピアはコーヒーの原産地。おもてなしに、コーヒーセレモニーをしてくださいます。素敵なの!

Date:2010.08.23 | 12:45 | Comments (0)
NEC_0012.jpg

エチオピアの首都アジスアベバに到着しました。名古屋から24時間かかりました。長旅でした。空港ではジャイカスタッフが花束を持ってお迎えしてくださいました!高地なので涼しく気持ちいいです!今から市場で布を買います。日本に帰ったら、アフリカの布でお洋服を制作し、10月と11月のフェアトレードファッションショーで発表しますね。

Date:2010.08.23 | 12:45 | Comments (0)
NEC_0005.jpg

只今、早朝のコーランが流れています。東京・成田から11時間、ドバイ空港まで来ました。ここで5時間のトランジット。こちらは夜中の4時ですが、さすがは世界のハブ空港。夜中にもかかわらず、世界中からの旅行客でにぎわっています。一方、出発地の成田空港はお盆休みのまっただ中の夕方とは思えないひと気のなさに驚きでしたけど。しかし、ドバイでは世界一を競って、高い建築物を建てているようですが、富をひけらかす人間の愚かな行為にしか思えません。力を得た人間は、何故このような幼稚なエゴイストなのでしょう?まるで「バビルの塔」です。慎みを欠いた神への冒涜(ぼうとく)なのでは。。。?罰が当たる前に、向うべき方向へマインドセットしてくれることを祈ります。これからの時代は、自分さえ良ければいいというエゴな時代は卒業して、地球上のみんなが平等に幸せで、持続可能な地球の未来を目指す時代に入っていると信じます。

さて、お話がずれてしまいましたが、私達が向かっているのは、アフリカのエチオピア!まだまだ、遠そうです。

Date:2010.08.14 | 10:37 | Comments (2)
pagetop