CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

がんばってますよ~!

むちゃくちゃ、がんばっちゃってます~!

みなさま、絶対に観に来てください。

明後日8日(土)午後3時からスタートです!! ぜひお越しください!!!

世界フェアトレード・デー2010・5・8

フェアトレード・ファッションショー&トーク!!

100405•

明日、5月8日(土)の開催に向けて

只今、最後の準備真っ只中!

やるべきことがいっぱいで・・・、

どうしようもないくらい、たくさんやることがあり、泣けてきます。

プロのイベント屋さんと仕事してるのとは、少々違ってて・・・・、

フェアトレードタウンなごや推進委員会は、学生や若者たち主体での開催イベントなので・・・・、

みんなボランティアなので・・・、仕方ないのですが・・・、大学生だし・・・、それぞれのバイトとかあるし・・・、

Šî–{ CMYK

動ける大人の私が動いてがんばるしかないのです・・・・。

私が関わる以上は、ボランティアでも、丁寧に時間と手間隙、愛情を注いで、本物のかっこいいショーをプロデュースしますよ~!

ショーのスタッフは、プロの仲間たちが固めてくれていますので、安心です。上手く行くでしょう!

ステージ進行・ディレクター・スタイリストみんなボランティアで、私のわがまま聞いてくれています。感謝です。

しかし、

そのためには、もろもろの段取り、連絡、雑務、細かな手配・・・そして、マスコミ広報・資金繰りまで・・・、

私のやるべきことは山積みでした。仕方ないのです、私がみんなを巻き込んでいるのですから・・・。

あと少し・・・・。

ブログは、ぜんぜん書けてません・・・・、書く暇・・余裕なし・・・でした。

他にも、仕事の原稿も締め切り過ぎてて・・・・実は、ちょっとたいへん。

でもなんとかするぞっ!!大丈夫!

こうやって、何度も何度も、努力して乗り越えてきたのですから、なんとかなる!

そして、8日は絶対に成功します!!

準備は万全です!成功は見えてきました!

関わっている学生たちには、当日、大きなイベントの華やかな大成功を心と身体で体感して、

この経験が心に刻まれることを願います。

そして、次へと続くよう、みんなのために、私はがんばっちゃおうかなっってところです。

ふーあと少し・・・、今日はついに会場で、衣装の搬入・準備は佳境です。

そして夕方は、9日の名古屋市子育て支援センターでの私のトークイベントの準備もあります。

そして夜は、今回のファッションショーをパートナーシップ・イベントとさせていただきました「栄ミナミ音楽祭」の前夜祭!

仲良しの嘉門達夫さんが、今年の音楽祭のメインミュージシャンですので、前夜祭でライブします。

とにかく、あと少しがんばります。

まずは、明日の朝までに1つ原稿書き上げなければ・・・。

どうなってるの!!

 

さて詳しくはこちら

“世界フェアトレード・デー2010・5・8”

フェアトレード・ファッションショー&トーク

5月8日(土)15:00~16:30
     15:00~フェアトレード・ファッションショー

 15:30~辻信一氏トークセッション

会場:SMBCパーク栄 1Fステージガーデン    入場無料

ゲスト:山田雅雄 名古屋市副市長

          司会: 原田さとみ(タレント/エシカル・ペネロープ主宰)
               空木マイカ(ZIP-FMミュージック・ナビゲーター)

「フェアトレード・エキシビジョン」
11:00~17:00: SMBCパーク栄2F展示ホール

 

みなさん「フェアトレード」って知っていますか?

自分の服が、どこから来て、誰が作ったものなのか、知っていますか?

何気なく選んで着ている服の陰で誰かが苦しんでいるとしたら?

フェアトレードは、社会の底辺に追いやられた人たちにお仕事の機会を提供します。

フェアトレードは最も身近な国際貢献。みんなの「選択」が世界を変えます!

フェアトレードを支援する学生や若者たちが中心となって設立した「フェアトレードタウンなごや推進委員会」初企画!

”世界フェアトレード・デー”のこの日に、おしゃれでカッコいいフェアトレードの魅力にふれ、知ることから始めてみませんか?

 

フェアトレードのお洋服による『ファッションショー』

「おしゃれじゃなくちゃ買ってもらえない。誰もが着たくなるかっこいい服を作ろう!」と、環境・貧困・人権問題と闘うためにイギリス人女性・サフィア・ミニーが立ち上げたフェアトレードのファッションブランド、今世界中から注目を集めている「ピープルツリー」2010春夏コレクションと、タレント・原田さとみ主宰の「エシカル・ペネロープ」によるエシカル・ファッション(人道的・倫理的・モラルある方法でクリエイトされる、地球環境に配慮した持続可能なファッション)で構成されるファッションショー。音楽は、ヴァイオリニスト高橋誠とギタリスト望月雄史によるヨーロピアン・ジプシー・ジャズの生演奏。モデルは、赤ちゃんからプロモデルまで、国籍もいろいろ。

講演『環境+文化+ビジネス+スローライフ=フェアトレード・・・?』 

&フェアトレードタウン推進委員会の学生たちとのトークセッション

トークゲスト:辻信一氏(文化人類学者、環境活動家、ナマケモノ倶楽部世話人。明治学院大学教授。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。「環境+文化+ビジネス」というスロー運動の仕掛人)

「深呼吸して、この広い世界を眺めてみてほしい。紛争、戦争、飢餓、格差、環境問題、食糧危機、エネルギー危機、金融危機、経済危機・・・。やれやれ、大変な時代にぼくたちはめぐり合わせてしまった。それは、「終わりなき経済成長」をテーマとする一大ドラマの結末だ。貪欲を美徳とし、「もっと、もっと」を合言葉に、「より速く、より多くのことをする」ことを競い合う社会が行き着いた場所がここなのだ。もう一度深呼吸して、こんどは身の回りを見てほしい。そして気づいてほしい。どこもかしこも、何から何まで、モノやコトがとにかく多すぎるのだということを。」(辻信一さんの新刊「しないこと」のはじめに より)

 

現在、世界の人口は68億人、その内の12億人、5人に1人が1日1ドル未満で暮らしています。

そして、地球上では1分間に17人もの尊い命が、飢餓・貧困で失われています。

フェアトレードは、途上国の商品を適正な価格で継続的に購入することで、立場の弱い生産者の経済的な自立を支援し、貧困撲滅を目指す公正な貿易のことをいいます。

世界の辺境に置かれた人々が貧困を抜け出し、環境を守ることを手助けするまったく新しいビジネスのあり方です。

そして今、このフェアトレードは、世界中で注目されています。

フェアトレードを広めるためには、みなさんのご理解と、ほんの少しの行動が必要です。

作る人も、売る人も、買う人も、みんなが幸せでありますように!

◆フェアトレードとは・・

貿易とは、もともと持っていないものをお互いに融通しあうというところから生まれたもので、みんなが幸せになるという発想が元にある。しかし、時代が経るにつれて、強い人が弱い人のものを搾取するという形が生まれてしまった。これをなんとか改善しようというのがフェアトレードなのです。(児玉克哉監修DVD「フェアトレード」より)途上国の弱い立場にある生産者にとって公平な条件での貿易を継続的に行い、経済的な自立を支援することで、貧困問題の解決や、文化・伝統、そして環境を守ることができる国際貿易です。

 ◆ 世界フェアトレード・デーとは・・

フェアトレード月間である5月の第2土曜日、今年は5月8日が”世界フェアトレード・デー”。世界各地でフェアトレードを広めるためのイベントやシンポジウムが展開され、一斉にフェアトレードをアピールします。お買い物で国際協力ができる「フェアトレード」について、みんなで考える日となります。
 ◆ フェアトレードタウンなごや推進委員会とは・・

市民・学生・大学・行政・企業・NGO・NPOなど立場の異なるメンバーが集まり「名古屋の街をフェアトレードタウンにしよう!」という目標のもと活動しています。フェアトレードタウンとは、街ぐるみでフェアトレードを応援する地域のこと。世界19ヶ国・764のフェアトレードタウンが存在します(2010年3月2日現在)。「環境負荷の軽減」、「労働環境の改善」、「貧困対策」、「伝統技術への配慮」を掲げるフェアトレードを通して、海の向こうの作り手のこと

Date:2010.05.07 | 02:34 | Comments (2)
pagetop