CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

140926_215649.jpg

FT300の会、第二回目を、ウェスティン・ナゴヤ・キャッスルにて開催いたしました。名古屋の街をフェアトレードタウンにするため、フェアトレード商品を扱うお店を市内に300店舗に増やしてタウン基準をクリアしよう!と、始まった、この会は名古屋の企業さんの心意気から始まり、今回はフェアトレード・コーヒーやチョコレートなどを扱うフェアトレード取扱店であるウェスティン・ナゴヤ・キャッスルさんにて開催となりました。大中小様々な企業さん、街づくり関連の皆さん、議員さん、フェアトレード関連、エシカル関連、リサイクル・エコロジカル関連、教育関連など、様々な分野の皆さんにフェアトレード・タウンに名古屋がなるための応援にお集まりいただき、大変有意義な会となりました。素晴らしいバランスで人が集い、やさしい力強く、動き出すきっかけの日となりました。嬉しいです。本当に皆様の温かく頼もしお力添えで、私達のフェアトレード・タウンが誕生してゆくのだなとら確信できました。幸せです。勇気がみなぎると同時に安堵の気持ちに浸りました。
みなさま、本当にありがとうございます!名古屋のフェアトレード・タウン認定、がんばります!!

Date:2014.09.26 | 22:59 | Comments (0)
140926_165629

たった今、もう一種チラシができあがってきました!

 

ESDシンポジウム「サステナブルな海・川・人のつきあい方」

日時: 10月26日(日)午後2時30分~5時30分

会場:アイリス愛知(名古屋市中区丸の内2-5-10)

参加費:無料

定員: 200名

 

内容:愛知県は、海や川を、最も有効に活用し、かつ愛知県民に親しんでもらうために、2011年から長良川河口堰、設楽ダム及び三河湾について、専門的な検討を行うともに、その会合を県民の方々に公開してきました。このシンポジウムは、その成果を踏まえて、悠久の海・川と人が、現在だけでなく、将来を見据えて、末永くどのように付き合っていくかについて、県民目線で考えるシンポジウムです

 

プログラム:

開会講演:大村秀章愛知県知事

「万博・生物多様性COP10・ESD:愛知県と豊かな海・川」

基調講演:①保屋野初子氏(ジャーナリスト、都留文科大学非常勤講師)

「欧米諸国における河川と人々とのサステナブルな付き合い」

②嘉田由紀子氏(びわこ成蹊スポーツ大学学長、前滋賀県知事)

「命と環境、未来を守る流域治水政策の挑戦-滋賀県知事としての経験から」

パネルディスカッション: 司会 原田さとみ

①今本博健氏(京都大学名誉教授)

②小島敏郎氏(愛知県政策顧問・青山学院大学教授)

③鈴木輝明氏(名城大学大学院特任教授)

④保屋野初子氏

⑤嘉田由紀子氏

総合司会:原田さとみ

 

主催:愛知県

申込:電子メール送信先 tochimizu@pref.aichi.lg.jp

FAX送信先052−961−3293 10/23(木)必着

問合:愛知県 地域振興部 土地水資源課 企画・調整グループ 052-954-6122

 

 

Date:2014.09.26 | 17:00 | Comments (0)
140926_094909.jpg

頑張りました。こんなにもいろいろな印刷物、お知らせチラシができあがっています!今夜開催しますフェアトレードの会「FT300」にてセットして配布させていただきます。

Date:2014.09.26 | 16:25 | Comments (0)
pagetop