CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

さて、1時20分まで映画「アバター」を観て、http://ameblo.jp/harada-satomi/

その後は、向かいのJICA中部に移動して、10分後。。。

 IMG_0001

 1時30分からは「ジャイカ中部 フェアトレード・カレッジ」です!

 これは私も主催となってますフェアトレードの連続講座。

091030_ï_ì¸çe_ol

 

今日は最終回。映画「おいしいコーヒーの真実」というドキュメント映画の翻訳監修を

されている辻村英之さん(京都大学農学研究科准教授)のお話と映画の上映です。

 091030_ó†_ì¸çeol

「アバター」の後ですが、寝ないで観れるかな・・・・?ちょっと心配。

 それにまだ「アバター」の世界から抜け出たくないし、興奮してるけど・・・・。

「アバター」の夢心地のまま、5分後には、フェアトレードカレッジにいました。

 

昨年12月5日に私がプロデュースしました「フェアトレード&エシカル・ファッションショー」http://ameblo.jp/harada-satomi/day-20091206.html

 

から始まりました「ジャイカ中部 フェアトレード・カレッジ」連続講座は、

 

今日が最終回。主催のフェアビーンズの木村店長さん、頑張りました!お疲れ様です!

 

今日は定員の100名を軽く超えて、多くの方々がお集まりくださいました。

 

定員オーバーのためお断りしてしまいましたお客様もいらして・・ごめんなさい、でした。

 

今日はヴァレンタイン・デイにもかかわらずみなさん、来てくださり、

 

とてもうれしいですし、今進めているフェアトレードタウンなごや推進活動も

 

みなさん応援してくださり、反響も大きくて、頑張り甲斐があります。

IMG_0002

さてこの映画「おいしいコーヒーの真実」は以前名古屋で

 

公開されたときに、1度見ていますが、その際には、

 

あまりにわかりにくくて、熟睡してしまいました。

 

ですが今回は、コーヒー豆の流通に詳しい辻村先生の解説つきでしたので、

 

ずいぶん良くわかりました。

 

でもしかし・・・眠い映画には違いありませんでした。

 

せっかくフェアトレードの真実を多くの人に知ってほしと制作したのです。

 

もっと、わかりやすく、伝えたいことを表現しなければ”映画”とはいえません・・・と

 

私は感じています。ドキュメンタリーでも観やすくて素晴らし作品は

 

たくさん存在します。それが残念でした。

 

でも大事なことは、コーヒー豆の価格は、

 

ニューヨーク先物価格で世界中のコーヒー価格が決まってしまい・・・

 

生産者に届くお金は極めて低く、227分の1・・・

 

450円のコーヒーの場合はたったの2円しか生産者へは届いていないってこと。

 

コーヒー豆の小規模生産者は、貧困にあえいでいるのが現状です。

 

その貧困を削減するために、生産者への適正価格を守っているのが、

 

フェアトレード(公正な貿易)です。

 

コーヒーの売買には、世界を牛耳っている多国籍企業がいて、

 

少しでも安くしろと、買い叩く人たちがいます。

 

私たちは、自分の欲のためだけに、モノを安く買うことに必死になってないで、

 

世界の人のことを想って、正しきモノを適正価格で買う知恵と心を

 

身につけないといけません。

 

さて、最後はみんなでフェアトレード・コーヒータイム・・・・。お話がつきません。

IMG_0003

おいしいコーヒーは、適正価格でね。

 

作る人も、売る人も、飲む人も・・・・みんな幸せ!それがフェアトレードコーヒーです。

 

帰りには、ジャイカ1階にありますフェアトレードのお店「フェアビーンズ」さんで、

 

いつものフェアトレードコーヒー粉を購入して、帰りました!

 

さてまた今年もJICA中部では、きっとフェアトレードのイベントを

 

開催することになるかと思います。決まりましたら、ご報告いたしますね!

Date:2010.02.15 | 03:08 | Comments (0)
pagetop