CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

1月7日。

新しい年が明けて44歳となりました。

孔子曰く「40にして惑わず」という通り、40歳になって迷いが消え、

“これまでの自分の過去”が“これからの自分の未来”を照らしてくれていることを実感しています。

自分のすべき使命がキラッと輝いて、進むべき道がスパッと現れた感じです。

あれから4年、その目標に向かって自分らしい歩き方で

以前より穏やかな気持ちで進んでいるように感じます。

そんな私の年代を「ヴェレダ」創始者シュタイナーの人智学で云うならば、

「身体・感性の発達を経て、42歳以降は“精神”の発達の時期であり、

特に42歳~45歳は成熟したバランスのいい時期。

人生経験が豊かになって感性が安定し、若い頃にはなかったカリスマ性が表れてくる時期」

とのこと。

なんとうれしいお言葉でしょう!!・・・年をとるってなんて美しいことなのでしょう!

こんなこと聞くと・・・元気になっちゃうでしょ。

失うことよりも、重ねていることを意識すると、年を重ねるって愉しいものですね。

こんな最高な時期なのでなのですから、それを最大限に活かして、

世の中のお役に立てる事を 

自分の良心の導くままに一歩ずつ踏み出したいと思います。

 

2011年1月7日 satomi HARADA

Date:2011.01.10 | 23:43 | Comments (3)
pagetop