CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

_DSC0113

養蜂・ハチミツ・みつばちは、まさに”エシカル”な存在です!

私のお話しは、みつばちエシカル・トークとなりましたよ。

パリのオペラ座の屋上で20年続く、はちみつ作りが行われていて、現在も5箱の巣箱に10万匹がいて、オペラ座界隈やセーヌ川沿いのチュイルリー公園の木々や花々から集められた、その蜂蜜のお味は、複雑な深みがあって、ハーブのミントの葉を噛んだような味わいが余韻あるお味なのですよ。

フランスでは蜂蜜のことを Le gout du terroir  ”風土の味” といわれるように、

蜂が蜜をつんでくる土地それぞれの気候や土壌などの風土が味に活かされていること。

暮らしを地域をつなぐ大事な存在であり、

蜂蜜は、人の手が加わることなく、生産される唯一の自然の食品であるからこそ、

自然環境の汚染や変化、農薬の散布などによるダメージを一番に受ける存在であること、

だからこそ、私たちはこの小さくも賢くスピリチュアルな蜂という存在を大事にして

思いやって、謙虚な優しい気持ちになって、人と人、人と生物、人と植物が繋がって、支えあって、

未来の平和へのヒントをいただいているのだな。。。まさにエシカルな街づくり・人づくりだなって、感じました。

 

そして私のお勧めの蜂蜜映画を2本紹介しました。

養蜂家の晩年をイタリアの名優マルチェロ・マストロヤンニが演じている哲学的な映画「蜂の旅人」(監督・テオ・アンゲロプロス)。

ここでは、ギリシャの田舎町を転々とトラックの荷台にたくさんの蜂の巣箱を乗せて、花のあるところへ、蜜のあるところへと、蜂とともに旅しながら、人生の晩年を過ごし、使命を果たしてゆくお話しです。深いですよ、素敵ですよ。

そしてもう一本。子供向けかわいいアニメーションのディズニー映画「ビームービー」。

アニメですが、奥深く良質な映画です。内容は、私たちの暮らしに蜂がしっかりとと繋がっていて、思っている以上に大事な存在であり、蜂蜜を作っているだけでなく、花粉を運んで、受粉のお手伝いしてくれているから、野菜やフルーツが実をつけ、花が咲き、食べ物が育てられ、人が命を保て、町が色づき、暮らしが成り立っていることをわかりやすくお話しに仕立てています。蜂が蜜を集めなくなると・・・・人は生きることさえできなくなるのです。生物多様性がよくわかる映画ですのでお勧めです。

と、はちみつトークで盛り上がりましたよ!

 3月8日は、おもいきりハニーでスイートでハッピーな「ハチミツの日」となりました。

Date:2011.03.09 | 10:18 | Comments (0)

_DSC0072「名古屋みつばち交流サロン」~名古屋の都会で養蜂にチャレンジ!

 名古屋学院大学 日比野学舎カフェ&ベーカリー「マイルポスト」。2階会場にて開催しました。

今日の主催であります、名古屋学院大学の水野晶夫先生の司会で楽しくアットホームに。

  

_DSC0077第1部は、「まちなか養蜂トークセッション」!!

 

参加団体は、(株)鹿島建設「鹿島ニホンミツバチ・プロジェクト」さん

栄のど真ん中の本社屋上にて中部地区初となる在来型「ニホンハチミツ」を用いた都市養蜂を実践。 

_DSC0121  そして、

 マルハチ・プロジェクトさん、 

長者蜂育くみ隊「ハニカム計画」さん、

名古屋学院大学ミツバチプロジェクトさん、

みなさんに都会での養蜂のやりがいや、

ご苦労や楽しみ、これからのことお話しくださいました。それぞれに異なる個性があって、興味深々な私です。

_DSC0111こちらが、名古屋の養蜂界のマルチェロ・マストロヤンニ・・・?

名古屋市養蜂組合事務局長の安藤泰久さん!!!

ハチミツプロジェクトの皆さんの大先生です。

みんな蜂のことは、何でも安藤さんに聞いて、学んでいるとのこと。

養蜂一筋40年。今日も真心こもった蜂への思い、養蜂への思いをいっぱいお話しくださいました。

そしてこれまでのご自分のご苦労してつかんだノウハウなど、養蜂に関することは、惜しげもなく、後輩たちへ伝え、継承してくださり、

頭が下がる思いでした。

未来のために、平和のために、養蜂は欠かせないお仕事です。多くの方々にもご理解いただき、養蜂が親しまれ、受け継がれること、そしてまちづくりに活かされること、心から望んでいらっしゃるようでした。

熱く、たくましいいお話しでした。勉強になりました、ありがとうございました。

Date:2011.03.09 | 04:04 | Comments (0)
pagetop