CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

「子とともに ゆう&ゆう」愛知県教育振興会が発行している、家庭と学校と地域をむすぶ家庭教育情報誌。愛知県内の小中学校・PTA向けの月刊誌です。
息子が小学生の頃、私も連載をさせていただいてました「ゆう&ゆう」ですが、今月発売の2014年1月号で、久しぶりに2ページのエッセイ執筆の依頼をいただきまして、書かせていただきました。
こちらのエッセイのテーマは「父のひと言・母のひと言」ということで、自分が小さい頃、親に言ってもらって心に残っているひと言を書いてください。との依頼でした。
難しい年頃の13歳の息子を育てることに日々追われる母親の私ではありますが、私も以前もそして今もまだ娘であり、その小さい頃に親から言われた言葉でどう感じたのか、、、など日頃考えることのないことを改めて考えるいい機会となりました。

私が「心に残っている母からのひと言」をこのエッセイで書きました。
「冬は必ず春となる」です。
「頑張っていれば、必ず春が来る、どんなに寒くつらい冬であろうと、必ず冬の次には春という季節がやってくる、春の来ない冬はないのだから、心配しないでつらい時期を頑張って乗り越えようという意味。」
その魔法のような言葉を素直に信じて、私は前に進んできたことを思い出しました。
そして母の言う素敵な春を何度も迎えてきたことも思い出しました。

改めて
母の偉大さを感じる執筆となり、今直面している自分の子育てにもぴったりあてはまり、今の私への温かくも心強い励ましの言葉となりました。

 

「ゆう&ゆう」2014年1月号エッセイ「父のひと言・母のひと言」の原田さとみのエッセイ原稿を以下に添付しました。

この投稿の続きを読む »

Date:2013.12.16 | 11:50 | Comments (0)
pagetop