CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

昨夜は名古屋に、垂井の神田浩史さんがお越しになりましたので、お話を聴きたくて、飛んできました!岐阜県垂井町で、名古屋の私たちと同じように、フェアトレードタウン推進活動を展開してがんばってる代表です。
今回は、なごや環境大学で「水から考える地域資源と地域づくり」第1回「地域資源って何だろう?〜水から考える〜」と題して講座が開催されました!
フェアトレード推進、地域まちづくり・人づくり・伝統継承、そして「水」問題・・・これらのどれも私も携わっているテーマですので、神田さんのお話が私は大好きなのです。勉強になりました。
神田さんのご職業は、自称、噺屋とのこと。この日も午前中は京都で講演をされて夜は名古屋へ。連日の講演活動で、さすがの噺屋も声がかすれてしまったそうです。
次回第2回は実際に垂井町に集合して、町の中に残る横穴式井戸「マンボ」を見学しながらの町歩きで水文化を学びます。
11月3日(月・祝)9時から12時に開催。JR垂井駅北口集合です。
みなさんぜひ行ってください!
まずは、私は名古屋での週末のイベントをこなし、
時間調整して参加したいと思っています!!

Date:2014.10.30 | 14:17 | Comments (0)

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

pagetop