昨夜のFTFJ(日本フェアトレード・フォーラム)スカイプ理事会で!!
      決まりましたっ!!!
      名古屋市に「フェアトレードタウン認定」が決まりました〜!!
      一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラムの認定委員から
      7月の名古屋調査をもとに審議がされ、書類が提出され
      昨晩の会議で、FTFJ理事たちが最終の決断をしました!
      もちろん全員一致で、認定可決です!!
      ありがとうございます!
      うれしいです〜!!みなさんとともに頑張ってきました結果ですね!
      感謝申し上げます!

      さてこれで、9月19日(土)明日!!は、タウン認定お祭りです!
      楽しみましょう〜!!
      「環境デーなごや」の久屋公園のステージで、お会いしましょう、
      ここにみなさんお集まりください!!
      http://www.kankyoday.com/chuogyoji/
      地下鉄「矢場町」駅下車すぐです

      11時から12時・・・フェアトレードタウン認定式&調印式&シンポジウム
      FTFJ胤森代表理事から、河村名古屋市長と名古屋市民の皆さんへということで認定証が渡されます。これで正式となります!
      そして、名古屋市長とFTNN代表とで、調印を結び、署名し、名古屋市はフェアトレードを応援することを宣言します!
      そして、お祝いに全国からFTFJ理事が集まってくださるので、このステージでフェアトレード・シンポジウムをします!

      13:45からは、祝FTタウンなごや・フェアトレード・ファッションショーですよ〜!!エシカル・ペネロープのフェアトレード・ファッションショーです、秋冬の新作登場でかわいいよ〜!音楽はアンジェロさんのアコーディオンと望月さんのギターでここちいい〜!
      トークゲストには、「ピープル・ツリー」胤森なお子さん!

      19:30からは、ナゴヤキャッスルホテルに移動して、大祝賀パーティーですよ〜!!
      祝賀パーティーの定員は200名でしたが
      ただいま参加予約が250名を超えています。

      そして、ここからが名古屋のフェアトレードタウンのスタートです。
      これからもどうぞ宜しくお願い致します。

      FTNN代表 原田さとみ

      9月19日のスケジュールーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ○ 11:00〜12:00(名古屋市主催「環境デーなごや」久屋広場ステージ)

      「地球を救う!笑顔を増やす!みんなでやろみゃあ!

      フェアトレードタウン名古屋 認定式&シンポジウム!!」

      名古屋市のフェアトレードタウン認定式と名古屋市長とFTNN代表との調印式。

      シンポジウムでは、全国からの日本フェアトレード・フォーラムFTFJ理事たちによる

      「名古屋のフェアトレードタウン認定を祝うシンポジウム」が行われます。

       

      ○ 13:45〜14:30(「環境デーなごや」久屋広場ステージ)

      「祝FTタウンなごや!原田さとみのフェアトレード・ファッションショー」

      エシカル・ペネロープのフェアトレード・ファッションをギターとアコーディオン

      の生演奏でお楽しみいただきます!

      ゲストにフェアトレード・ファッションの「ピープル・ツリー」胤森なお子さんをお招きします!

       

      ○ 10:00〜17:00(「環境デーなごや」エンゼル広場会場)

      「フェアトレード・ツキイチ・マルシェin 環境デーなごや」の出店

      愛知商業高校ユネスコクラブ/愛知大学SEED/Aoyagi Coffe Factory/

      アテンドリ・エ・ペジーブル/エシカル・ペネロープ/なふたうん/

      南陽高校/ハンモックツリー/花甚 /フェアビーンズ ・コーヒー/

      38(みつばち)/Mond

       

       

      ◎ 19:30(開場19:00〜)〜21:30

      「国際フェアトレードタウン名古屋 誕生祝賀パーティー」

      名古屋城を眺めるウエスティン ナゴヤ キャッスルホテル「天守の間」にて祝賀会。

      (祝賀パーティは満員御礼!ご予約された方のみのご参加となります。)

      ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
      名古屋市のフェアトレードタウンの合言葉は “みんなでやろみゃあ!フェアトレード!”

      【愛知・名古屋の環境からフェアトレードまでの歩み】
      1999年、市民一人一人がゴミ分別とリサイクルに取り組むことで、藤前干潟の自然環境を守り。
      2005年、自然の叡智がテーマの「愛・地球博」で、世界で起きている環境問題の深刻さを知り。
      2010年「COP10生物多様性条約締約国会議」で、地球規模での多様な命の尊いつながりを学び。
      2014年「ESD(持続可能な開発のための教育)ユネスコ世界会議」で、
      持続可能な社会づくりの担い手を育む教育. 環境、貧困、人権、平和、開発といった、
      現代社会の様々な課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことに気づき。
      2015年、愛知万博10周年記念の今年は、世界の国々と国際交流を市村町で育くみ、
      地球規模の環境課題を地域に根ざして市民一人一人が地道に行動し、力を蓄えた節目の年。
      そして,2015年「国際フェアトレードタウン名古屋」の誕生で、地域と世界を、今と未来をつなぐ!

      “市民の長年の活動が実り、2015年9月19日、名古屋市はフェアトレードタウン認定都市となります。”

      <フェアトレードタウンとは>
      「まちぐるみ」でフェアトレードを推進する都市のことです。市民、企業・商店、大学、学校、行政などが一体となってフェアトレードの輪を広げることで、不利な立場、弱い立場に置かれた途上国の生産者の人たちの自立や環境の保護保全に貢献します。この運動は2000年にイギリスで誕生して以来、今では世界23カ国に広がり、フェアトレードタウンの数も1600以上に達しています。その中には、ロンドンやパリ、ローマといった首都も含まれておりフェアトレードに関する国際会議が開かれています。今回の名古屋市のタウン認定は日本では熊本市に続く2都市目になります。

      名古屋でのフェアトレードタウン運動は、
      途上国への国際支援活動と同時に、自分たちの足元を見つめ直すきっかけとなり、地元の課題解決にもつながっています。国内でも職人仕事が消え、小さな企業・商店が減り、自然の浄化作用を超えた廃棄物で山・森・川・海、自然の循環を壊しています。私たちは自然に対しても、地球に対しても、地域に対してもフェアでありたいとの思いから、フェアトレードの理念を広くとらえ、地域に根ざした、地産地消・地域活性化・地域貢献というフェア(公正)を目指します。地球からの自然の恵み、水・空気・土・光などに対しても、フェアに向き合い、美しい地球を未来に残せるように、
      私たちは「地球とのフェアトレード」を理念にフェアトレードを推進しています。

      フェアトレードタウンとなったこれからがまた始まりです!皆様と共に取り組むことで、名古屋でのフェアトレード活動を広げ深めていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。タウン認定までの道のりを支えて下さり、本当にありがとうございました。

      フェアトレード名古屋ネットワークFTNN
      代表 原田さとみ

       

      Date:2015.09.18 | 11:24 | Comments (0)

      コメントはまだありません»

      No comments yet.

      pagetop