CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

今、家で、今日の午後マスコミ試写会で観せていただいた映画の

パンフレットを読んでいるのですが。。。

うーむむ。読んでやっと映画の内容がわかりかけています。

ヌーヴェルヴァーグに影響を与えたジャン=ピエール・メルヴィル監督の

伝説的な処女作「海の沈黙」がデジタルリマスター版で日本初公開。

(名古屋では4月10日から公開)

ということで、フランス担当の私としてはぜひ観なければ!!・・と、

観に行ってきました。

映画史に残る素晴らしい不朽の名作ですので、お勧めです!

ですが・・・、

久々に観ることとなったの古いフランス映画(1947年)の世界に、

私の頭も心も付いてゆけずに・・・。

こういうの大好物だったはずなのになぁ~、感性が鈍ってしまったのかなぁ~私・・・。

とにかく昔から「フランス映画が大好きです。」。。なんて言って、

ヌーベルヴァーグ時代のフランス映画を得意になって解説して、

素敵なのよ~って、みんなにお勧めしてましたが、

実のところ、ほんとに私?・・・理解できていたのでしょうか?って今思います。

好きには違いないとは思うのです、

映画の中の街並みや背景やその時代の雰意気や

ファッション・ライススタイルなど興味深いエスプリが、この時代の

フランス映画にはあるので、喜んで観てたのですが。

はて?内容の真髄を理解できていたか?といわれると・・・「ハテナ?」かも。

でもそのわかんなさがまた魅力だったのかな。

しかし、今日は寝不足が重なり、

フランス特有の淡々とした映像・音響に心地よくなり、

(この続きはあまり言いたくないのですが・・・)

睡魔に襲われ・・・私は抵抗できずに・・・・

うとうとうと~・・・・映画の記憶のところどころがありません。

ごめんなさ~い。

お話は、第2次世界大戦中、被占領という極限の状況下、

人間として誇りを描いた、不朽の名作です。

ツー向けのフランス映画で、お友達とのお話を弾ませてください!!

Date:2010.02.19 | 02:09 | Comments (0)

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

pagetop