CATEGORIES

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

記事一覧 >

ヒューマノイド・ロボットって、わかりますか?

今やロボットはギコギコ・・・角ばったロボットダンスみたいな動きではなくなりつつあるのですよ。

なめらかにしなやかに・・・まるで人間のような動きが可能となってきています。

そんな人間のお友達のようにおしゃべりしながらそばに寄り添うことが出来る

人間の姿をしたロボットのことを言うのでしょう。マノイとかクロイノとか、エボルタとか・・・

そんなロボットの動きに革命を起したのがロボットクリエイターの高橋智隆さん。

通常の二足歩行のロボットは腰をまげたまま、膝も曲げたままの状態で、歩いていましたが、

高橋氏は、そんなぎこちない動きに満足できずに、自分の手で、自分の家で、

頭の中の設計図で、立体へと作り上げ、シン・ウォークという、

膝を伸ばして美しく歩くことの出来る二足歩行ロボットを開発してしまったのです!

飛んだり・走ったり・はねたり・・・・すばやい行動も可能になっています。

そんな高橋さんが顧問を務める、ロボット会社「グローバックス」・大須のロボット専門店「ロボベース」を

経営する後藤大介社長との、今日は対談イベントでした。

桑名の本社で、開催され、親子で行ってまいりました。

只今、後藤社長とは、「まいまい狂言会」での狂言ロボットの開発のご協力であったり、

今後、進めてゆく新しいプロジェクトのことなどで、最近は頻繁にお会いしております。

クールで落ち着いたお品の良い王子様・・といった雰囲気でしょうか。紳士です。

今日のイベントは桑名で始まります「親子ロボット教室」のお披露目イベント。

桑名近郊在住のロボット好きな親子の皆さんがたくさん集りました。

ゲストの高橋さんのスーツケースからは、

話題のエボルタくんやラボットくんが出てきました!

なんとも可愛い動きを間近で見せていただき、感激でした。

ほんとに可愛く愛らしく、、、なぜそんな動きがロボットにできるの??と不思議でなりません。

これが高橋さんにしかできない特別な才能なのです。感心するばかりです。

ただ、ご本人のイメージは私の思っていた人とはまたちょっと違ってて。。。

tropクールで、trop天才だからか・・・近づき難い方でした。とてももの静かで淡々としてて・・・

無駄にテンション高い私とは・・・対照的なお方なのかも・・・でした。

それで、今日のそのトークと、私のインタビューの様子は、

いつもの中日新聞の原田さとみのin my life、6月11日に掲載されます。

お楽しみに。。。。

どんなこと書こうかな??

Date:2010.05.24 | 01:57 | Comments (0)

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

pagetop