明日8月3日は、設楽ダム連続公開講座とよがわ流域県民セミナーの第6回の開催です!

      明日はダブル、10時から12時までの第一部と、13時から16時30分までの第二部の一日がかりのイベントとなりました。

      私達愛知県民みんなに関係する設楽ダム建設計画について、賛否を越えて学びあい、計画を知り、未来にとってふさわしい選択を導きだすため、私達運営チーム委員でセミナーを企画しています。

      第6回のテーマは「豊川流域の水利用〜水を通じて流域の未来像を考える」ということで、生活用水・工業用水・農業用水に必要だと計算されている数字はどのように算出され、それは本当にこれから必要な量なのか、算出された足りない水はダムを作ることでどのように解消されるのか、

      午前中は愛知県と東海農政局による水利用計画についての説明をしていただき、

      午後は、その話をうけて富樫幸一教授から、愛知県と東海農政局と異なる視点からの水需要・水供給について講演していただき、蔵治光一郎教授により二つの見解の相違点を解説し、

      最後は、会場からの質問に答えるディスカッション。ここが大事な部分。

      私は全体の司会をするのですが、あまりに河川工学のことや設楽ダム計画の歴史のことなど複雑で専門的な内容に私はちんぷんかんぷんなのですが。でも私なりに勉強して、私は一般主婦の代表として専門用語でなく誰にでもわかる言葉で県民の皆さんにわかるようファシリテートし、わからないことには「わからない」、おかしいなと感じたら「なぜですか?」と聞くのが私の役目です。

      ただいま資料を広げて明日の予習中です。とても不安ですが、同じ運営チーム委員の先生方に助けていただき、明日も、無事に務まりますよう、がんばります!

       

      会場は、豊橋市にあります愛知大学豊橋キャンパスの記念会館です。

      お昼には、移動販売車で愛知の山里の食材を使った、猪のししバーガーやししコロッケ、名古屋コーチンのピザドッグ、そしてヘルシーなお野菜を使ったベジタブル弁当などご用意しています。

       

      ぜひ、この設楽ダム連続公開講座には、若い世代の方々やお母さん方にお越しいただき、未来の水のこと、未来の地域のこと、他人ごとではなく自分ごとととらえ、一緒に考えてくださるとうれしいです。

      お気軽に一度ご参加してみてください。お待ちしております!

      http://www.pref.aichi.jp/0000063713.html

      Date:2013.08.03 | 00:16 | Comments (0)

      コメントはまだありません»

      No comments yet.

      pagetop